「ロケットパワーにんじん君」禁断のガソリン代を安くする秘密兵器
楽天の売れ筋商品はランキング市場でチェック!

田舎暮らしのススメ〜田舎暮らしでスローライフ宣言!〜

田舎暮らしの物件情報、田舎暮らしのための新規就農情報、団塊世代の定年移住情報など田舎暮らしに役立つ情報をお届けいたします。

田舎暮らしのライフスタイル

 近年、都会+田舎÷2、トカイナカ暮らしが人気だそうです。
都心から1時間以内でアクセス出来て、暮らしやすい所。定住者の多いリゾート地がターゲットです。
 「月刊リゾート物件」によると、今お勧めのトカイナカベスト3は、山梨の鳴沢、千葉の山武市(の旧蓮沼地方)、秩父地方とのこと。
 物件は新築にこだわらずに、中古物件を根気良く探すと良いようです。
 けれども、長年の都会暮らしをリタイヤして憧れの田舎暮らしを始めても、なかなか上手くいかない人も多いらしいようです。
 とくに夫婦で移住した場合は、奥さんがすぐに飽きてしまう例が多いとのこと。
 なんか分かりますよね。畑のトマトがどうとか、あそこの花が咲いたとか、そんなことに一喜一憂するのって意外と男の方ですから(笑)。
 だから畑もあるけどモールもある、ショッピングセンターもある、その気になれば都心にも出れる距離が良いんでしょうね。
 もし都会暮らしを捨ててトカイナカに移住するにしても、所有している一戸建やマンションがあるなら絶対に売らない方が良さそうです。
 トカイナカ暮らしをすれば収入は明らかに下がってなおかつ経費がいろいろ掛かるから、これを賃貸するなどにまわして収入源にすると◎。
 それと、もしトカイナカ生活に失敗しても帰る場所があるのは大いに安心でしょう。

お役に立ちましたら、応援クリックお願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  
戻る 

田舎に定住したくても仕事の都合などですぐにできない、ならば定年まで通ってその準備期間にしようというライフスタイルです。老後の田舎暮らしとともに、現在の田舎暮らしの主流となっています。とりあえずはセカンドハウスを建てることになりますが、近年は都会は賃貸、田舎は所有というケースも増えてきました。定住準備派には二つのメリットがあります。一つは、都会の仕事を継続するためローンが組みやすいこと。もう一つは、田舎を知るための準備期間を設けられること。農村で徐々に人脈を広げていけば、スムーズに定住へ移行できます。田舎の実像は住んでみないとわからないものですが、農村の知識が不足している人は不安が大きい。その意味で、現実的な方法と言えるのです。なお、セカンドハウスでは山奥の傾斜地でもよかったが、定住したら冬道で苦労した、上り下りがつらい、という失敗例がけっこうあります。将来を見据えて土地選びをすることが大切です。

「田舎暮らしライター山本一典のページ」から引用


田舎で陶芸や木工、草木染めなどのモノ作りを始めた例は豊富にありますが、それだけで食べていける人は多くありません。とくに移住して数年間は、作品の研究や販路の開拓に時間を取られるので、収入に結びつきにくいのです。土木作業など副収入を得るためのアルバイトが本業になってしまうケースもあるので、生活設計は慎重に立てるべきです。農村では2000万円前後の予算で農家物件を取得したり、広い土地に住居と工房を建てることも可能なので、大量の材木を使う家具職人、薪窯を使う陶芸家には有利です。問題は販路ですが、宅配便を利用したり、都会で定期的に個展を開くといった工夫が求められます。

「田舎暮らしライター山本一典のページ」から引用


近年、マスコミが流行らせた造語に「定年帰農」があります。定年になったら農とふれあう生活をしなさいという意味ですが、帰農は農家になるという意味もあるので、定年になったら農家になればいいと単純に考える人が増えました。農業も自営業の一種なので、経営者としての自覚が求められるのですが、実際は市民農園の延長くらいに考えている人が多いのです。しかし、農業経営の現実は甘くありません。新規就農者なら年収100万円、200万円がざらという世界です。貯蓄が少ないから農業でも、という考えは捨てるべきです。また、最低限の技術習得も必要。未経験者は農業大学校や就農準備校に通う、農業研修制度を利用する、といったプロセスを踏むべきでしょう。新規就農者の農業技術の習得については、以下のHPが参考になります。
http://www.ryeda.or.jp/junbiko/index.html
http://www.nca.or.jp/Be-farmer/

「田舎暮らしライター山本一典のページ」から引用


 すでに田舎暮らしを始めた人は、貯蓄や年金という裏付けを持った50〜60代の中高年が7割以上です。定年後を田舎で暮らす意義は、空気のいい場所で体を動かせること、家庭菜園や釣りなどの趣味を生かせること、地域社会の役に立つことで生きがいを持てること、などが挙げられます。近年は50代半ばの早期退職組も増えてきました。年金受給開始までの収入確保という課題はありますが、田舎暮らしの敷地を整えたり、地域社会に慣れるには時間がかかるので、その観点からは好ましい現象です。早期退職制度がある会社のサラリーマンは、前向きにこの制度を活用すべきです。移住に必要な資金は、年間200万円の生活費×年金開始までの年数+住宅費が最低ラインでしょう。このライフスタイルの最大のネックは、家族の説得です。夫が強引に移住を決めたり、子どもに相談しないで行動すると、のちのち問題が起きやすいのです。妻がノイローゼになったり、子どもに呼び戻されるケースがかなり見受けられます。説得の成功例としては、田舎暮らしの専門誌を持ち帰ってさり気なく読ませたり、「都会に住む子どもに田舎を創ってやろう」「健康的な生活をするには田舎がいい」と粘り強く会話を続けてきた人たちがいます。たまに夫が単独で移住するケースも見かけますが、夫婦関係の維持が難しいのであまりお勧めできません。このライフスタイルの変形として、月に十日くらい長期滞在したり、春から秋にかけて半定住する人もいます。別荘生活との違いは暮らしの一部になっていることで、多くが家庭菜園などを楽しんでいます。また、地域住民とふれあうことで生活の知恵を学ぶこともできます。

「田舎暮らしライター山本一典のページ」から引用


田舎暮らしのススメ
田舎暮らしを応援します!



Add to Google

ありがとうございます
お願い
人気ブログランキングに参加しています。少しでもお役に立ちましたら、ポチッとお願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 田舎暮らし

運営ポリシー
このBlogでは、田舎暮らしのための物件情報・新規就農情報、団塊世代の定年移住情報等、田舎でのスローライフを実現したい人のための、役立つ情報を発信していきたいと思っています。
プロフィール
はじめまして、”とらさん”といいます。
20代の頃は、田舎での自給自足生活にあこがれ、いくつかの有機農業団体で、研修を受けたことがあります。
最近まで、畑を借りて家庭菜園をやっていましたが、現在は休止中です。
現状、都市部に住む普通のサラリーマンですが、機会があれば再び田舎暮らしにチャレンジしたいと思っています。
よろしくおねがいします!

◆性別   男
◆居住地 群馬県
◆年齢  30代後半
◆血液型 B型
◆職業  サラリーマン
◆趣味  読書・ウォーキング・ヨガ・気功
◆好きなTV 格闘技

わたしはスローリッチスタイル実践キャンプの加藤氏に影響を受け、皆様に価値ある・役に立つ情報提供を実践しています。

特進アフィリエイトプロジェクト