「ロケットパワーにんじん君」禁断のガソリン代を安くする秘密兵器
楽天の売れ筋商品はランキング市場でチェック!

田舎暮らしのススメ〜田舎暮らしでスローライフ宣言!〜

田舎暮らしの物件情報、田舎暮らしのための新規就農情報、団塊世代の定年移住情報など田舎暮らしに役立つ情報をお届けいたします。

田舎暮らしニュース

山菜摘み、川遊び、山々の紅葉、満天の星空・・・四季折々の楽しみを満喫できる、山村での田舎暮らし。
選定の条件は住民が少なめ、緑が豊富、移住者のための支援制度があるなど。
両者とも積極的に都会との交流を図っている山村です。
ゼッタイ「山派」のあなたのためのオススメ地域です。


●村と親せきの縁組したい人におすすめ!
群馬県 上野村(人口約1,700人)●上野村のホームページ

*村のプロフィール:
群馬県の最西南端に位置し、東京中心部から車で約2・3時間という近距離にある村。村全体が山岳地帯になっており平坦地は少なく、村を貫流している神流川に沿って集落が点在している。夏でも朝晩は冷え込み冬は最低気温はマイナス10度位まで下がるが、全体的には比較的過ごしやすい地域。

*村の四季:
春/中正寺火渡り 、渓流釣り、おひながゆ、中正寺のしだれ桜。
夏/かじかの里サマーフェスティバル、盆踊り、あゆ友釣り。
秋/乙父のリンゴ畑、熊野神社の獅子舞、紅葉。
冬/どんどん焼き、ゑびす講、道祖神焼き。

*特産品:
十石味噌、猪豚、木工品、きのこ。

*移住のためのここがポイント:
故郷の温かさを伝え親睦を深めていこうと「田舎の親せき村」制度を実施。村と親せきの縁組をすると(縁組料1万3千円、1年間有効)、村からの便りや特産品が届く。もし「親せき」を実感したいなら、実際に村を訪れれることをすすめている。村内施設の格安利用や、縁組者との集いに参加など、村の魅力に直接触れることができる。その他、様々な定住支援制度を用意。

 

●勇壮な戦国時代の火祭に参加したい人におすすめ!
群馬県 南牧村(人口約3,300人)●南牧村のホームページ

*村のプロフィール:
群馬県の南西部にあって長野県に隣接。地形は1,000メートル内外の急峻な山々に囲まれ、一部は妙義荒船佐久高原国定公園内にあり山紫水明の自然豊かな美しい村。村営CATVを利用した、高速インターネット接続サービスを展開している。

*村の四季:
春/六車カタクリ祭り、不動尊春季例大祭 。
夏/大日向安養寺の火祭、灯籠流し、川遊び。
秋/紅葉、農業祭、きのこ狩り。
冬/除夜祭と二年参り、どんどん焼き。

*特産品:
炭入り拉麺など炭を利用した商品、 柚子、りんご、またたび、菊。

*移住のためのここがポイント:
人口の増加と定着化を図るための過疎対策条例に基づき、結婚・出産祝金(条件有り)を贈呈している。現在、建設中の村営住宅(木造平屋建)の入居者を募集中(条件等は役場建設課に問合せ要)

お役に立ちましたら、応援クリックお願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  

戻る 

 近年、都会+田舎÷2、トカイナカ暮らしが人気だそうです。
都心から1時間以内でアクセス出来て、暮らしやすい所。定住者の多いリゾート地がターゲットです。
 「月刊リゾート物件」によると、今お勧めのトカイナカベスト3は、山梨の鳴沢、千葉の山武市(の旧蓮沼地方)、秩父地方とのこと。
 物件は新築にこだわらずに、中古物件を根気良く探すと良いようです。
 けれども、長年の都会暮らしをリタイヤして憧れの田舎暮らしを始めても、なかなか上手くいかない人も多いらしいようです。
 とくに夫婦で移住した場合は、奥さんがすぐに飽きてしまう例が多いとのこと。
 なんか分かりますよね。畑のトマトがどうとか、あそこの花が咲いたとか、そんなことに一喜一憂するのって意外と男の方ですから(笑)。
 だから畑もあるけどモールもある、ショッピングセンターもある、その気になれば都心にも出れる距離が良いんでしょうね。
 もし都会暮らしを捨ててトカイナカに移住するにしても、所有している一戸建やマンションがあるなら絶対に売らない方が良さそうです。
 トカイナカ暮らしをすれば収入は明らかに下がってなおかつ経費がいろいろ掛かるから、これを賃貸するなどにまわして収入源にすると◎。
 それと、もしトカイナカ生活に失敗しても帰る場所があるのは大いに安心でしょう。

お役に立ちましたら、応援クリックお願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  
戻る 

 昨今、長野県では県庁農業政策課内に『田舎暮らし案内人』という専門の担当者を置いて、「団塊の世代」をはじめとする多くの田舎暮らし希望者に対して、幅広く相談に応じ、また、最後までフォローしてくれるという取り組みを開始したそうです。

 相談できる内容も、多岐に及んでいて、
田舎暮らしに関するお問い合わせに対するご相談
 住宅さがし、仕事さがし、生活環境、家庭菜園など、田舎暮らしに関することは、どんなことでもお気軽にご相談ください。住宅情報も多数あります。
県関係部局、市町村、民間企業、宅建業協会等との 連携
 直接的な住宅情報の提供はもちろん、親切な地元不動産屋さんの紹介、市町村の田舎暮らし担当者との連携など、ご相談の内容に応じて最適な対応でご案内いたします。
8獣呂防襪、直接現地でご案内
 実際に現地で物件を見てみたい、物件の周辺の環境を確認したいなど、ご希望があれば田舎暮らし案内人が現地をご案内いたします。必要があれば引越しのお手伝いなどもさせていただきます。土日休日もちろんOK!
とのことです。
 首都圏にお住まいの方は是非、利用されてみてはいかがでしょうか?

受付時間は       平日9:00から17:00まで                         専用電話番号は         026-233-1794 (FAX同じ)
専用メールアドレスは 
inaka@pref.nagano.jp
直接お越しの方は    長野市南長野幅下692-2
                    長野県庁5F 農業政策課内 まで
 詳しくは、こちらのサイトを確認してみてください。
 
信州田舎暮らし案内

お役に立ちましたら、応援クリックお願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  

戻る 

 今日(3/4)昼過ぎに、たまたまTVを点けてみた所、「われら百姓家族5 〜長男の結婚〜」という番組をやっていました(残念ながら、すでに後半でしたが・・・)。
 『われら百姓家族』シリーズは、フジテレビ「ザ・ノンフィクション」というドキュメンタリー番組でかれこれ7年近くに渡り放送されていて、今回はその第5弾です。
 このシリーズは、際限のない都市の消費社会に疑問を感じ、兵庫県田舎の山村に移り住み自給自足生活を続けている大森昌也さん一家(父と子供6人)を長期にわたり追ったドキュメンタリーです。
 この大森さんですが、かつては労働運動・安保闘争・部落解放運動等にも関わっていたことのある、かなりの思想家で「百姓とは生活全般をこなす民」と捉え、誇りを持って自らを“百姓”と呼んでいます。また「自然こそ最良の教育」という考えから、子供達は田舎で、自然の中の労働を通して生きる力を養っています。
 そして今回は、なかなか無口で無骨な感じのする、長男のケンタ君がある女性(多分、農業研修に来た女性)と結婚し、ラストでは子供の出産に立ち会うといった内容でした。
 わたしも、このシリーズを毎回見ていたわけではないのですが、すでに結婚して子供もいる次男に対して、取り残された感のあった兄貴も、今回遅れ馳せながら結婚の運びとなったわけです。
 口下手な父と子同士、結婚式に出るの出ないのと、いろいろと揉める事になりましたが、最終的には丸く収まり、地元の田舎の分校で挙げられたささやかな結婚式には目頭が熱くなるものがありました。
 その式のスピーチでも大森さんは「日本文化の源である田舎の山村を復活させよう。彼ら若い世代が、きっと成し遂げてくれるはずだ」と仰っていました。
 わたしも、田舎の山村の復活こそが、食糧問題・環境問題等、日本のこれからを占なう鍵になるのではないかと思います。

 大森さん一家の田舎での自給自足生活に興味がおありでしたら、以下の本を読まれてみてはどうでしょう?

自給自足の山里から







自給自足の山里から―家族みんなで縄文百姓

六人の子どもと山村に生きる







六人の子どもと山村に生きる

お役に立ちましたら、応援クリックお願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  
戻る 

 2月2日(金)の夜にたまたま群馬テレビにチャンネルを合わせたところ、「 南牧で生きる 〜Iターンでふるさと暮らし〜 」という内容の番組をやっていたので思わず最後まで見てしまいました。
  今、団塊の世代の定年退職を目前に控え、「田舎暮らし」「自分の時間」「古民家」などに魅力を感じ、群馬県内には多くの都会から移住してきたIターンの人々が住んでいるそうですが、日本一の高齢化に悩む南牧村ではありますが、その自然環境とそれにマッチした古民家の存在等、かなり人気が高いようです。
 放送では南牧村において、Iターンで入ってきた人々の生活と、地域の住民、行政が一緒に愛着を持って村づくりに取り組んでいる様子を紹介していましたが、新しく村に定住された方々が、体験型の民宿を営んだり、ブルーベリー等の新規の需要が見込まれる果樹を栽培したり、積極的に”村おこし”に関わられている姿が印象に残りました。
 後で分かったのですが、この番組は「風人の画布(カンバス)」という番組で、群馬県が今までの自治体広報番組の枠を超え“情報を味わう”ことに重点を置き、毎回一つのテーマをドキュメンタリータッチで描いているそうです。
 番組内には、片岡鶴太郎が出演していて、彼が演じる片野岡教授というのは、茅葺き屋根の赤城型民家が自宅で、研究室や自宅には県内での出来事が様々な形で舞い込んでくる…。という設定らしいです(汗

 金曜日 22:00〜22:30・日曜日 17:30〜18:00(再)
に群馬テレビで放送中ということですので、群馬県内の田舎暮らし情報をチェックされたい方は是非、ご覧になってみてはいかがでしょうか?

お役に立ちましたら、応援クリックお願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  

戻る 

1月4日お昼のNHK総合で「生中継 ふるさと一番!」という番組をやっていましたが、そのなかで茨城県笠間市にある「笠間クラインガルテン」という滞在型市民農園について紹介されていました。
 クラインガルテン(Kleingarten)とはドイツ語で「小さな庭」という意味。19世紀半ば、ドイツをはじめヨーロッパ諸国で、庭を持てない都市生活者のために田舎の郊外に市民農園をつくる運動が始まり、これがクラインガルテンとよばれるようになりました。本場ヨーロッパのクラインガルテンは、単なる菜園にとどまらず、コミュニティ形成の場として、また重要な緑地空間として都市計画の中に位置づけられており、市民生活の向上や健康増進に大きな役割を担ってきました。
 日本での歴史はまだ浅いクラインガルテンですが、近年になって全国各地に開設されています。クラインガルテンが一般の市民農園と異なるのは、ラウベ(簡易宿泊施設)が併設されていることです。ラウベに滞在しながら自分の菜園づくりを楽しみ、地域住民とも交流できるクラインガルテンは、いわば”滞在型市民農園”です。
 放送では定年退職後、家族で家庭菜園を楽しんでいる方々が紹介され、また、地元の田舎のお百姓さんが師匠として登場していました。野菜作りのイロハから教えてもらえるそうですよ!
 アナウンサーが放送中、”農業””農業”という言葉を連発していましたが、正しくは、、”農業”ではありませんよね。”家庭菜園”です。農業とは、農地法で定められた農地を取得して、そこで作物等を栽培し生業を営むことですから。やはり一般の人の認識では、野菜を栽培することイコール”農業”なんですかね?
 
気になるお値段は、「宿泊施設付き市民農園」が年間利用料:40万円。「日帰り市民農園」が年間利用料:1万円とのことです。こういうところから、田舎暮らしに向けての準備を始めてみるのも、悪く無いのではないでしょうか?

笠間クラインガルテン
http://www.city.kasama.lg.jp/garten/index.htm

実際に利用されている方のHPは、

戸松重夫のクラインガルテン
http://homepage3.nifty.com/tomatsu/


田舎暮らしのススメ
田舎暮らしを応援します!



Add to Google

ありがとうございます
お願い
人気ブログランキングに参加しています。少しでもお役に立ちましたら、ポチッとお願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 田舎暮らし

運営ポリシー
このBlogでは、田舎暮らしのための物件情報・新規就農情報、団塊世代の定年移住情報等、田舎でのスローライフを実現したい人のための、役立つ情報を発信していきたいと思っています。
プロフィール
はじめまして、”とらさん”といいます。
20代の頃は、田舎での自給自足生活にあこがれ、いくつかの有機農業団体で、研修を受けたことがあります。
最近まで、畑を借りて家庭菜園をやっていましたが、現在は休止中です。
現状、都市部に住む普通のサラリーマンですが、機会があれば再び田舎暮らしにチャレンジしたいと思っています。
よろしくおねがいします!

◆性別   男
◆居住地 群馬県
◆年齢  30代後半
◆血液型 B型
◆職業  サラリーマン
◆趣味  読書・ウォーキング・ヨガ・気功
◆好きなTV 格闘技

わたしはスローリッチスタイル実践キャンプの加藤氏に影響を受け、皆様に価値ある・役に立つ情報提供を実践しています。

特進アフィリエイトプロジェクト