「ロケットパワーにんじん君」禁断のガソリン代を安くする秘密兵器
楽天の売れ筋商品はランキング市場でチェック!

田舎暮らしのススメ〜田舎暮らしでスローライフ宣言!〜

田舎暮らしの物件情報、田舎暮らしのための新規就農情報、団塊世代の定年移住情報など田舎暮らしに役立つ情報をお届けいたします。

田舎暮らしを始める前に


 田舎へ移住してからの悩みについて多く聞くのは、
「地元の人は良くしてくれているけど、やっぱり壁を感じてしまう・・・。」
というものです。
 地元の人に受け入れてもらえない。という悩みは、実際、移住した方が多く抱えるものですし、移住した人同士で固まってしまう事も良くあるようです。
せっかく、その土地が好きで移住したのに寂しいですよね。
 これは、どこの地域でも同様なのでは、と思います。
 地元特有のコミュニティというものが必ずあり、都会から来た方は壁を感じる事があるかもしれません。
そして、田舎は町が狭いですから悪い噂はすぐに広がってしまいます。
 特に、永住を考えるならば、嫌われたら仕事にも影響が出ますし、田舎でのんびりスローライフのはずが、ストレスをため込んでしまっては本末転倒です。
 しかし、逆に一度受け入れられれば、都会では考えられないほど、本当に面倒を見てもらえます。
 そこで!お勧めは・・・地元の集まりに積極的に参加することです。
 消防団に参加したり、父兄会のようなものに参加したり・・・。
 例えば、海ならば、ビーチクリーンに参加したりして、本当にその土地を愛しているのが伝われば、必ず、受け入れてもらえます。
 まず、与えてください。
 田舎は都会と違い、自営業の方が多いので、困った事があれば、何でも助けてもらえます。
 持ちつ持たれつの、素晴らしい田舎暮しが実現するはずです。
 地元に貢献してくれる人を、疎ましく思う事はありませんし、田舎はあなたに移住してもらいたくて、超!優遇制度で待っている位です!

お役に立ちましたら、応援クリックお願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  
戻る 


 はじめに、いったい「田舎」とはどんなイメージでしょうか?これには2通りの解釈、つまり、よいイメージと悪いイメージがあるはずです。
○よいイメージ
自然環境が豊か、田んぼや畑がいっぱい、土地が広い(家が少ない)、近くに海・山・川など遊び場が多い、空気がうまい、水がきれい、親切で気さくな人々、ゆったりと流れる時間・・・など
●悪いイメージ
とにかく不便(店・学校・通勤・病院・交通など)、仕事がない、給料が安い、人間関係が複雑(排他的・閉鎖的)、インフラが整っていない(何もかもが遅れている)など。
 ざっと、こんなところではないでしょうか。しかし、貴重な時間を割いて、このページを読んでくれているあなたは、きっと頭の中で前者の方が後者より勝っているはずでしょう(と勝手に解釈させていただきます)。あるいは今の暮らしに取り立てて不満はないけれど、田舎暮らしに多少なりとも興味を持ちはじめている方なのかもしれません。
 そんな「田舎志向」とでもいう考え方は、世間一般的に言うと少数派なのかもしれません。しかしここ数年、田舎暮らしをしたいという人たちが着実に増えてきているのは事実なのです。


お役に立ちましたら、応援クリックお願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  
戻る 

 田舎に移り住みたいと思っても、どんなところに住んだらいいのか、どんな物件があるのかなどわからないことが多いものです。
 最近は、田舎暮らしをしたいと考える人をサポートするために、国、県や市町村などの自治体、財団法人、NPO などが応援サイトを立ち上げています。これらのサイトを活用すれば、住宅情報、仕事情報、田舎暮らしのノウハウまで、たくさんの情報を入手することが可能です。また、「田舎暮らしの本」も数多く出版されているので、目を通しておくといいでしょう。

お役に立ちましたら、応援クリックお願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  

戻る 

 田舎で暮らしたいが、はたして就職できるだろうか、そんな心配をする人もずいぶん多いはずです。
 たとえば「地方就職支援センター」は、首都圏在住の人の地方就職を支援する国(厚生労働省)の機関。日本各地のハローワーク(公共職業安定所)との連携により、地方への就職及び農林漁業への就職に関する求人情報等を提供しています。ほかにも民間の就職情報機関の情報なども利用するといいでしょう。

お役に立ちましたら、応援クリックお願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  

戻る 

 初めて体験する田舎暮らしの不安をとりのぞくために、何をしたらいいでしょうか?
 それには、住みたいと思う田舎に実際に足を運んで、週末だけでも暮らしてみることです。地域にどんな人がいるのか情報を得たり、農作業を手伝ったりするのもいいでしょう。
 まず、田舎暮らしに慣れることが大切です。5、6回足を運んでみれば、自分が田舎暮らしに適しているか、都会で生活するほうがいいかもわかってくるはずです。希望者向けに体験ツアーを実施しているところもあります。

お役に立ちましたら、応援クリックお願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  

戻る 

田舎暮らしを始めるためには、特殊技能等持っていない限り、やはり十分な経済的裏付けが必要なようです。


 田舎暮らしを成立させるには、生活場所と生活手段の確保という二大条件があります。言い換えれば田舎物件の購入と収入になりますが、要は経済的な裏付けが必要なのです。まず田舎物件について言えば、土地代500万円+建築費1000万円=1500万円が普通に田舎暮らしができる最低線(平均的には2000万円台)。しかも、田舎の土地は資産価値が低いので、現金で買わなければならないケースがほとんどです。中古を買ったり、セルフビルドで予算を下げることはできますが、一部の人が考えている500万円の総予算などは絵空事です。また、賃貸の空家を望む人も少なくありませんが、_板造年10〜40万円程度なので業者が仲介する対象になりにくい、∋ち主もその程度の収入で地域にもめ事を起こされては割に合わない、という理由などでめったに出てきません。
 住宅以上に重要なのが、生活費の問題です。ここ数年の田舎暮らしの傾向として、不況を理由に田舎をめざす人が増えました。都会はダメでも地方なら何とかなるだろう、自営業なら食べていけるだろう、工場勤めの仕事くらいはあるだろう、という考え方です。しかし、そういう考え方が通用するか否かは、冷静に考えればすぐにわかることです。
 山村で過疎化が進行したのは、農林生産物の価格低迷に加えて、条件のいい仕事が不足しているため。地元の若者は高校を卒業すると、大半が都会へ出ていきます。郷里に残ったのは役場や郵便局、農協など公的機関に就職できた一部の長男長女のみ、というのが過疎村の現実。そこへ都会人がやってきて、充分な収入を得られると考えるほうがおかしいのです。農村にも小さな工場はありますが、最近は不況の影響が深刻になっています。過疎地では土木建築業が唯一の地場産業であり、それすら公共事業の圧縮で大幅に減少してきました。都会人はその厳しい現実を頭に入れておくべきです。
 年金生活者は別にして、過疎地に移り住む都会人は仕事があれば何でもやるくらいの心構えが必要です。田舎では職探しも人脈が頼りなので、役場やご近所に相談してみましょう。また、最近は農村部でも人材派遣に伴う部品製造などの求人チラシが入るようになりました。45歳くらいまでの募集が主流ですが、こうした情報にも注意を払いたいものです。

「田舎暮らしライター山本一典のページ」から引用


田舎暮らしのススメ
田舎暮らしを応援します!



Add to Google

ありがとうございます
お願い
人気ブログランキングに参加しています。少しでもお役に立ちましたら、ポチッとお願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 田舎暮らし

運営ポリシー
このBlogでは、田舎暮らしのための物件情報・新規就農情報、団塊世代の定年移住情報等、田舎でのスローライフを実現したい人のための、役立つ情報を発信していきたいと思っています。
プロフィール
はじめまして、”とらさん”といいます。
20代の頃は、田舎での自給自足生活にあこがれ、いくつかの有機農業団体で、研修を受けたことがあります。
最近まで、畑を借りて家庭菜園をやっていましたが、現在は休止中です。
現状、都市部に住む普通のサラリーマンですが、機会があれば再び田舎暮らしにチャレンジしたいと思っています。
よろしくおねがいします!

◆性別   男
◆居住地 群馬県
◆年齢  30代後半
◆血液型 B型
◆職業  サラリーマン
◆趣味  読書・ウォーキング・ヨガ・気功
◆好きなTV 格闘技

わたしはスローリッチスタイル実践キャンプの加藤氏に影響を受け、皆様に価値ある・役に立つ情報提供を実践しています。

特進アフィリエイトプロジェクト