【ハゲを克服できる育毛法】 薄毛体質改善マニュアル!
楽天の売れ筋商品はランキング市場でチェック!

田舎暮らしのススメ〜田舎暮らしでスローライフ宣言!〜

田舎暮らしの物件情報、田舎暮らしのための新規就農情報、団塊世代の定年移住情報など田舎暮らしに役立つ情報をお届けいたします。

トップページ田舎暮らしを始める前に田舎暮らしを成立させる二大条件とは?【田舎暮らしのススメ〜田舎暮らしでスローライフ宣言!〜】

田舎暮らしを始める前に

田舎暮らしを始めるためには、特殊技能等持っていない限り、やはり十分な経済的裏付けが必要なようです。


 田舎暮らしを成立させるには、生活場所と生活手段の確保という二大条件があります。言い換えれば田舎物件の購入と収入になりますが、要は経済的な裏付けが必要なのです。まず田舎物件について言えば、土地代500万円+建築費1000万円=1500万円が普通に田舎暮らしができる最低線(平均的には2000万円台)。しかも、田舎の土地は資産価値が低いので、現金で買わなければならないケースがほとんどです。中古を買ったり、セルフビルドで予算を下げることはできますが、一部の人が考えている500万円の総予算などは絵空事です。また、賃貸の空家を望む人も少なくありませんが、_板造年10〜40万円程度なので業者が仲介する対象になりにくい、∋ち主もその程度の収入で地域にもめ事を起こされては割に合わない、という理由などでめったに出てきません。
 住宅以上に重要なのが、生活費の問題です。ここ数年の田舎暮らしの傾向として、不況を理由に田舎をめざす人が増えました。都会はダメでも地方なら何とかなるだろう、自営業なら食べていけるだろう、工場勤めの仕事くらいはあるだろう、という考え方です。しかし、そういう考え方が通用するか否かは、冷静に考えればすぐにわかることです。
 山村で過疎化が進行したのは、農林生産物の価格低迷に加えて、条件のいい仕事が不足しているため。地元の若者は高校を卒業すると、大半が都会へ出ていきます。郷里に残ったのは役場や郵便局、農協など公的機関に就職できた一部の長男長女のみ、というのが過疎村の現実。そこへ都会人がやってきて、充分な収入を得られると考えるほうがおかしいのです。農村にも小さな工場はありますが、最近は不況の影響が深刻になっています。過疎地では土木建築業が唯一の地場産業であり、それすら公共事業の圧縮で大幅に減少してきました。都会人はその厳しい現実を頭に入れておくべきです。
 年金生活者は別にして、過疎地に移り住む都会人は仕事があれば何でもやるくらいの心構えが必要です。田舎では職探しも人脈が頼りなので、役場やご近所に相談してみましょう。また、最近は農村部でも人材派遣に伴う部品製造などの求人チラシが入るようになりました。45歳くらいまでの募集が主流ですが、こうした情報にも注意を払いたいものです。

「田舎暮らしライター山本一典のページ」から引用


トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
田舎暮らしのススメ
田舎暮らしを応援します!



Add to Google

ありがとうございます
お願い
人気ブログランキングに参加しています。少しでもお役に立ちましたら、ポチッとお願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 田舎暮らし

運営ポリシー
このBlogでは、田舎暮らしのための物件情報・新規就農情報、団塊世代の定年移住情報等、田舎でのスローライフを実現したい人のための、役立つ情報を発信していきたいと思っています。
プロフィール
はじめまして、”とらさん”といいます。
20代の頃は、田舎での自給自足生活にあこがれ、いくつかの有機農業団体で、研修を受けたことがあります。
最近まで、畑を借りて家庭菜園をやっていましたが、現在は休止中です。
現状、都市部に住む普通のサラリーマンですが、機会があれば再び田舎暮らしにチャレンジしたいと思っています。
よろしくおねがいします!

◆性別   男
◆居住地 群馬県
◆年齢  30代後半
◆血液型 B型
◆職業  サラリーマン
◆趣味  読書・ウォーキング・ヨガ・気功
◆好きなTV 格闘技

わたしはスローリッチスタイル実践キャンプの加藤氏に影響を受け、皆様に価値ある・役に立つ情報提供を実践しています。

特進アフィリエイトプロジェクト