【ハゲを克服できる育毛法】 薄毛体質改善マニュアル!
楽天の売れ筋商品はランキング市場でチェック!

田舎暮らしのススメ〜田舎暮らしでスローライフ宣言!〜

田舎暮らしの物件情報、田舎暮らしのための新規就農情報、団塊世代の定年移住情報など田舎暮らしに役立つ情報をお届けいたします。

田舎暮らし@群馬県

山菜摘み、川遊び、山々の紅葉、満天の星空・・・四季折々の楽しみを満喫できる、山村での田舎暮らし。
選定の条件は住民が少なめ、緑が豊富、移住者のための支援制度があるなど。
両者とも積極的に都会との交流を図っている山村です。
ゼッタイ「山派」のあなたのためのオススメ地域です。


●村と親せきの縁組したい人におすすめ!
群馬県 上野村(人口約1,700人)●上野村のホームページ

*村のプロフィール:
群馬県の最西南端に位置し、東京中心部から車で約2・3時間という近距離にある村。村全体が山岳地帯になっており平坦地は少なく、村を貫流している神流川に沿って集落が点在している。夏でも朝晩は冷え込み冬は最低気温はマイナス10度位まで下がるが、全体的には比較的過ごしやすい地域。

*村の四季:
春/中正寺火渡り 、渓流釣り、おひながゆ、中正寺のしだれ桜。
夏/かじかの里サマーフェスティバル、盆踊り、あゆ友釣り。
秋/乙父のリンゴ畑、熊野神社の獅子舞、紅葉。
冬/どんどん焼き、ゑびす講、道祖神焼き。

*特産品:
十石味噌、猪豚、木工品、きのこ。

*移住のためのここがポイント:
故郷の温かさを伝え親睦を深めていこうと「田舎の親せき村」制度を実施。村と親せきの縁組をすると(縁組料1万3千円、1年間有効)、村からの便りや特産品が届く。もし「親せき」を実感したいなら、実際に村を訪れれることをすすめている。村内施設の格安利用や、縁組者との集いに参加など、村の魅力に直接触れることができる。その他、様々な定住支援制度を用意。

 

●勇壮な戦国時代の火祭に参加したい人におすすめ!
群馬県 南牧村(人口約3,300人)●南牧村のホームページ

*村のプロフィール:
群馬県の南西部にあって長野県に隣接。地形は1,000メートル内外の急峻な山々に囲まれ、一部は妙義荒船佐久高原国定公園内にあり山紫水明の自然豊かな美しい村。村営CATVを利用した、高速インターネット接続サービスを展開している。

*村の四季:
春/六車カタクリ祭り、不動尊春季例大祭 。
夏/大日向安養寺の火祭、灯籠流し、川遊び。
秋/紅葉、農業祭、きのこ狩り。
冬/除夜祭と二年参り、どんどん焼き。

*特産品:
炭入り拉麺など炭を利用した商品、 柚子、りんご、またたび、菊。

*移住のためのここがポイント:
人口の増加と定着化を図るための過疎対策条例に基づき、結婚・出産祝金(条件有り)を贈呈している。現在、建設中の村営住宅(木造平屋建)の入居者を募集中(条件等は役場建設課に問合せ要)

お役に立ちましたら、応援クリックお願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  

戻る 

農業で田舎暮らし

田舎暮らし - livedoor Blog 共通テーマ

元々田舎の農家の方は、畑のことから家のことまできっちりやってしまうものです。

一方、田舎暮らしを始めた、新規就農者はとにかく忙しく時間がありません。
(理由はまだまだ要領が悪いからかもしれませんが・・・。)

そこで家のことまではしっかり手が回らないのが普通です。
でもそれができないと、「だらしないやつ」と思われてしまいます。

家のことといっても、家の中が散らかっているということは、
ごく身近な人にしかばれないから、少々散らかっていても良いのです。

しかし・・・、家周りの草!

これは要注意です。
とかく田舎の農村部の家というものは、草が生えるスペースが大量にあるもので、春〜夏は家周りの草対策だけでも一苦労です。

無農薬志向の方で、除草剤を使わない方なら、余計に大変です。
しかも畑の方でも、その時期が一番忙しいときます。

でも、体はひとつ・・・。
どっちを選ぶかといったら、やっぱり、畑ということになりますよねぇ。

しかしそれが失敗の元。
周囲の人は、家周りに生い茂る草を見て、「あのひと(たち)はだらしがない。」と判断するのです。

たかが草・・・
しかし、それによって人間性が判断される場合もあるのです。

「自分の土地に草はやして何が悪い!」と都会的思考でいけば、思う人も多いかもしれません。
しかし、今もまだ相互扶助の精神の残っている田舎の農村においては、他人の不始末を周囲が背負うことも多くあるのです。
そのため、他人の動向をチェックする癖があったりします。

あまりにもひどい場合は、「あれは誰か注意しないとだめだよ」と集落内合意のもとに、ご意見番から注意を受ける場合もあります。

やっぱり言われてやるより、自ら進んでやった方が気持ち良いですよね。

そしてどうしても手が回らないときには、「いや〜すみません、家のことに全く手が回りませんで・・・」と、いろんな人に言っておけば、きちんとやる気はあるんだ・・・と判断して、問題視されることになっても、「いや〜畑の方が追いつかないみたいだよ。」とフォローを入れてくれ、「まぁ初めてだから仕方がないか・・・」と大目に見てもらえることもあります。

でも時間があるなら家周りの草は取っておいたほうが賢明です。
それだけで「しっかり者」と見てもらえたりもするのですから・・・。

お役に立ちましたら、応援クリックお願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  

戻る 

田舎暮らしの食

1 慣行農法による生産と比較して、雑草取り・害虫除去などの作業コストがかかるので、その分、販売価格が割高になる。

2 現状の物流が、慣行農法で生産した生産物を中心にネットワーク化され、生産量の少ない無農薬野菜用のネットワークが整備されてない為、物流コストがかさむ。

3 小売販売において、無農薬野菜は、少量生産少量販売の為、販売コストも慣行農法に比べると、かさんでしまう。

4 消費者において、無農薬野菜というブランド価値があり、「無農薬=高価」という思考が一般化してしまっている。高くても良いものをほしいとおもっている(消費者の家計状況による)。

等が、挙げられるかと思います。

有機無農薬野菜の需要はあるのだけれど、まだまだ少数派の人々に支持されているのが現状というところでしょう。
そして生産現場である田舎よりも、都市部での需要が高い傾向にあります。
消費者においては、止むに止まれぬ理由(アレルギー等)がある方もおられるでしょうが、お金持ちのぜいたく品という一面も拭い去れないのではないでしょうか?

個人的には、国民の健康増進という観点からも、もっと低価格の有機無農薬野菜が広まるといいと思うのですが、現状の農業”軽視”行政の下では難しいのではないかなと思います。

以下は、おすすめの無農薬野菜取扱店のご紹介です。

クチコミでうわさの無農薬野菜


お役に立ちましたら、応援クリックお願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  

戻る 

田舎暮らしのライフスタイル

 近年、都会+田舎÷2、トカイナカ暮らしが人気だそうです。
都心から1時間以内でアクセス出来て、暮らしやすい所。定住者の多いリゾート地がターゲットです。
 「月刊リゾート物件」によると、今お勧めのトカイナカベスト3は、山梨の鳴沢、千葉の山武市(の旧蓮沼地方)、秩父地方とのこと。
 物件は新築にこだわらずに、中古物件を根気良く探すと良いようです。
 けれども、長年の都会暮らしをリタイヤして憧れの田舎暮らしを始めても、なかなか上手くいかない人も多いらしいようです。
 とくに夫婦で移住した場合は、奥さんがすぐに飽きてしまう例が多いとのこと。
 なんか分かりますよね。畑のトマトがどうとか、あそこの花が咲いたとか、そんなことに一喜一憂するのって意外と男の方ですから(笑)。
 だから畑もあるけどモールもある、ショッピングセンターもある、その気になれば都心にも出れる距離が良いんでしょうね。
 もし都会暮らしを捨ててトカイナカに移住するにしても、所有している一戸建やマンションがあるなら絶対に売らない方が良さそうです。
 トカイナカ暮らしをすれば収入は明らかに下がってなおかつ経費がいろいろ掛かるから、これを賃貸するなどにまわして収入源にすると◎。
 それと、もしトカイナカ生活に失敗しても帰る場所があるのは大いに安心でしょう。

お役に立ちましたら、応援クリックお願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  
戻る 

田舎暮らしを始める前に


 田舎へ移住してからの悩みについて多く聞くのは、
「地元の人は良くしてくれているけど、やっぱり壁を感じてしまう・・・。」
というものです。
 地元の人に受け入れてもらえない。という悩みは、実際、移住した方が多く抱えるものですし、移住した人同士で固まってしまう事も良くあるようです。
せっかく、その土地が好きで移住したのに寂しいですよね。
 これは、どこの地域でも同様なのでは、と思います。
 地元特有のコミュニティというものが必ずあり、都会から来た方は壁を感じる事があるかもしれません。
そして、田舎は町が狭いですから悪い噂はすぐに広がってしまいます。
 特に、永住を考えるならば、嫌われたら仕事にも影響が出ますし、田舎でのんびりスローライフのはずが、ストレスをため込んでしまっては本末転倒です。
 しかし、逆に一度受け入れられれば、都会では考えられないほど、本当に面倒を見てもらえます。
 そこで!お勧めは・・・地元の集まりに積極的に参加することです。
 消防団に参加したり、父兄会のようなものに参加したり・・・。
 例えば、海ならば、ビーチクリーンに参加したりして、本当にその土地を愛しているのが伝われば、必ず、受け入れてもらえます。
 まず、与えてください。
 田舎は都会と違い、自営業の方が多いので、困った事があれば、何でも助けてもらえます。
 持ちつ持たれつの、素晴らしい田舎暮しが実現するはずです。
 地元に貢献してくれる人を、疎ましく思う事はありませんし、田舎はあなたに移住してもらいたくて、超!優遇制度で待っている位です!

お役に立ちましたら、応援クリックお願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  
戻る 

田舎暮らしのススメ
田舎暮らしを応援します!



Add to Google

ありがとうございます
お願い
人気ブログランキングに参加しています。少しでもお役に立ちましたら、ポチッとお願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 田舎暮らし

運営ポリシー
このBlogでは、田舎暮らしのための物件情報・新規就農情報、団塊世代の定年移住情報等、田舎でのスローライフを実現したい人のための、役立つ情報を発信していきたいと思っています。
プロフィール
はじめまして、”とらさん”といいます。
20代の頃は、田舎での自給自足生活にあこがれ、いくつかの有機農業団体で、研修を受けたことがあります。
最近まで、畑を借りて家庭菜園をやっていましたが、現在は休止中です。
現状、都市部に住む普通のサラリーマンですが、機会があれば再び田舎暮らしにチャレンジしたいと思っています。
よろしくおねがいします!

◆性別   男
◆居住地 群馬県
◆年齢  30代後半
◆血液型 B型
◆職業  サラリーマン
◆趣味  読書・ウォーキング・ヨガ・気功
◆好きなTV 格闘技

わたしはスローリッチスタイル実践キャンプの加藤氏に影響を受け、皆様に価値ある・役に立つ情報提供を実践しています。

特進アフィリエイトプロジェクト